【ももクロライブ応援】南部町役場を再訪問してきました。

お知らせ

ももいろクローバーZ「祝典ツアー」南部町ライブ応援企画!

JKchanメンバーは昨年6月10日以来およそ10ヶ月ぶりに、青森県・南部町役場へ行ってきました!

南部町役場新庁舎※クリックで拡大

南部町役場新庁舎※クリックで拡大

2021年8月2日に開庁した新庁舎は外観はとても都会的で、洗練された建物になりました。
庁舎前には芝生の広場やバスプールがあります。
また周囲にはフェンスが無く開放的で、広々としています。

新庁舎内エントランスホール※クリックで拡大

新庁舎内エントランスホール※クリックで拡大

庁舎へ入ると様々な部署が入っているオフィスフロアの他、広々としたフリースペース(写真)や小規模ホール「いちょうホール」などがあります。
木の温もりが温かさを感じさせてくれます。

無料Wi-Fi※クリックで拡大

無料Wi-Fi※クリックで拡大

電源コンセントとUSB端子を装備※クリックで拡大

電源コンセントとUSB端子を装備※クリックで拡大

そしてなんと!無料Wi-Fiの他に電源コンセントとUSB端子も完備!
休憩はもちろん、仕事をするコワーキングスペースとして使ったり、勉強したり…と自由に使えます。
近くには自動販売機も数台ありますので、飲み物を飲みながらリラックスすることも出来ますよ♪

工藤町長と10ヶ月ぶりの対面をしたJKchan※クリックで拡大

工藤町長と10ヶ月ぶりの対面をしたJKchan※クリックで拡大

そして、新しい庁舎に初めて入ったJKchanは、早速“パパ”こと工藤祐直町長へご挨拶。
ここでいう“パパ”とは、町長はとてもカッコ良くてイケメンだという意味です。
工藤町長がなぜ“パパ”と呼ばれるようになったのかの理由については、JKchan第12回アーカイブ配信をお聞きください。
※前回訪問の様子を掲載したブログ記事はこちら

工藤祐直・南部町長

工藤祐直・南部町長

およそ10ヶ月ぶりに訪問したJKchanを歓迎してくれた工藤祐直町長。
とても温かな笑顔で出迎えてくれました。

ももクロライブについて様々な質問をするJKchan※クリックで拡大

ももクロライブについて様々な質問をするJKchan※クリックで拡大

そして早速ラジオ番組の収録へ。
話の中心はもちろんももいろクローバーZ「祝典ツアー」南部町ライブについて。

和やかな雰囲気でラジオ収録するJKchan※クリックで拡大

和やかな雰囲気でラジオ収録するJKchan※クリックで拡大

このお話の内容は、4月25日(月)午後4時30分から放送の「JKまるわかりバラエティJKchan」をお聞きいただきたいのですが、とても面白く、またライブに参戦する人にとっても、そうでない人にとっても楽しめる内容です。
ついでにライブについての「あんなこと」「こんなこと」も聞いちゃいました♪
ぜひお聞き逃し無く!

「南部町で待ってるーZー!!」※クリックで拡大

「南部町で待ってるーZー!!」※クリックで拡大

そして収録終了後、工藤町長にAE(ANGEL EYES=ももいろクローバーZファンクラブ)のホワイトベレー帽をかぶっていただき、左手に「名刀モノノフライト」を、右手に「TDFペンライト」を持っていただき、記念撮影しました。
はじめは恥ずかしがっていた工藤町長でしたが、名刀モノノフライトを肩に下げた時からまんざらでもない様子に(笑)
最後は「Zポーズ」でパシャリ!
工藤町長を“モノノフ”にしたJKchanでした。


オンエア情報

この模様の放送スケジュールは以下の通りです。

【本放送】
2022年4月25日(月)午後4時30分~

【再放送】
2022年5月1日(日)夜9時30分~

【放送局】
コミュニティFM「BeFM」

【可聴エリアと周波数】
青森県八戸市および周辺市町村 周波数:76.5MHz

【サイマル放送】
以下の方法で、全国で聴くことができます。
《スマートフォンの方》
・「リッスンラジオ」アプリでお聞きいただけます(iPhone/Android対応)
《パソコンの方》
・ブラウザでお聞きいただけます。
※詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.befm.co.jp/simul_help/simul_p.html
※リアルタイム放送のみとなります。タイムフリー配信はありません。

【ストリーミング配信】
2022年5月2日(月)配信予定


カンパのお願い

「JKchan」の活動は、青森県八戸圏域連携中枢都市圏(愛称:八戸都市圏スクラム8)に住んでいる女子高生が主役となり、市民参加による新しいまちづくりを進めるプロジェクトです。
高校生が主体となっていることから原則として非営利ですが、とはいえ活動を続けるにはお金がかかります。

そこで皆様に、カンパのお願いです。

高校生が“まちづくり”をする市民連携プロジェクトの先輩であり、「JKchan」のモデルでもある「鯖江市役所JK課®」の発足に寄与した、牧野百男・前鯖江市長の言葉「若者が変われば、大人も変わる。大人が変わればまちが変わる」の言葉の通り、「八戸の若者が変われば、大人も変わる。大人が変われば八戸のまちが変わる」という情熱を持って活動していきますので、この趣旨にご賛同いただける皆様の幅広いご支援をお待ちしています。

いただいたお金の使い道

皆様からいただいたお金は

  • JKが企画、運営、実行するイベントの費用
  • 移動費
  • 備品・機材購入
  • チラシなどの制作、印刷費
  • ウェブサイトの維持費用(サーバー、ドメイン費用)

等に活用させていただきます。

カンパはこちら

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました